Greetingごあいさつ

美しく、キレイな口元で、自身を持って笑えるようになっていただきたい。
歯並びで悩んでいる全ての患者さまに寄り添った矯正治療を心がけております。

当院では、インビザライン(マウスピース矯正)に注力しております。
マウスピース矯正では、従来のワイヤー矯正とは異なり、透明なマウスピースを装着していただくことができるので、矯正を行っていることが目立ちにくいことがメリットです。
また、食事の際など取り外しが可能な為、清掃面でのお手入れがしやすいことも特徴です。

今まで矯正装置が目立つことに悩んでいて治療を検討されていた方に、ぜひお試しいただきたい矯正治療です。
まずはお気軽にご相談ください。

Features当院の矯正歯科の特徴

  • 01

    子どもの矯正

    当院では、できるだけ歯を抜かずに矯正を行う為、その土台づくりとして小児の段階から矯正治療を受けていただきたいと考えております。
    発育段階のお子様に対してはできるだけ歯を抜かずにあごの成長に合わせて身柄固定装置や取り外し式装置などを用いて、歯と歯の感覚を広げていく治療を行っています。
    また、小児から行えるマウスピース矯正にも注力しております。

  • 02

    お子様にも、マウスピース矯正を

    「プレオルソ」という、小さいお子さまを対象としたマウスピースで、取り外しが可能なマウスピースを日中1時間と寝ているときに装着することで行う矯正治療です。
    大人の矯正でも使用する、インビザラインを小児に用いる「インビザラインファースト」は、小学生のお子さまから行えるマウスピース矯正で、顎を広げながら歯の並びを整えていきます。取り外しが可能なことで、日常生活に影響を及ぼしにくいことも特徴です。

for Kidsお子様の歯並びが
気になっている方へ

お子さまの歯並びのお悩みや普段気になっている歯の症状があれば、ぜひお気軽にご操舵ください。

お子さまの何気ない習慣や癖も、歯並びに悪影響を与えている可能性もありますので、
日々の過ごし方や食生活などにいたるまで、どんな些細なことでも構いませんので、お話をお聞かせください。

食事について

  • 柔らかいものばかり食べている
  • 食事中の姿勢が悪い
  • 食事中、足が床についていない
  • 食事中、水分を取りながら食べている(流し込んでいる)
  • 早食いの傾向にある
  • 咬む回数が少ない

クセについて

  • 口がいつも開いている(口呼吸をしている)
  • 頬杖をよく付いている
  • 指しゃぶりをしている
  • 足を組む
  • 爪や唇を咬む
  • 舌を突き出したり咬んだりしている

こういった習慣は、あごの発達や歯並びに悪影響をもたらす恐れがあります。
矯正治療がきっかけで、習慣の改善につながることも期待できますので、お子様のお口元の発育が気になる方は、早めにご相談ください。

医院で行う矯正歯科治療の特徴

  • 幅広い症例に対応が可能
  • 通院回数が少なく済む
  • 周囲から気付かれにくい
  • 世界シェアNo.1の実績

米国のアラインテクノロジー社製の透明マウスピース型矯正装置を使用しています。
データの取得からマウスピース作製まで米国の本社で行います。

Merit/Demerit歯科矯正治療のメリット・デメリット

こどもの矯正

  • メリット

    • 歯並びだけでなく、整った顎の成長にもアプローチできる
    • 姿勢や食生活、癖の見直しができる
    • 歯のケアについて意識が高まり、虫歯のリスクが下がる
    • Ⅰ期に治療を始めることで、永久歯に生え揃ってからの治療よりも、比較的治療期間が短くなる
    • コンプレックスを軽減できる
    • 虫歯のリスクを軽減することができる
  • デメリット

    • 費用がかかる
    • 装着に慣れるまで、お子様に負担がある
    • ワイヤー矯正の場合、スポーツや遊びの時の接触時に口内を怪我する恐れがある

大人の矯正

  • メリット

    • マウスピース矯正が適用できれば、比較的目立たず矯正治療を進めることができる
    • 歯並びの悪さによる虫歯や歯周病のリスクを減らすことができる
    • コンプレックスの解消につながる
  • デメリット

    • 費用がかかる
    • 装着時の違和感や痛みがある(次第に慣れて解消されます)
    • ワイヤー矯正の場合、歯磨きなどのセルフケアの難易度が上がる

まずはカウンセリングにて、色々なお悩みをお聞かせください!
患者様にとってベストな矯正治療をご提案させていただきます

Dentition気になる歯並びの乱れについて

  • Case 01上顎前突

    俗に『出っ歯』と呼ばれるものです。上顎が成長しすぎ、または下顎が上顎よりも奥に引っ込んでいる状態の事です。
  • Case 02下顎前突

    『受け口』と呼ばれるものです。骨格的に下顎が大きい状態の事で、上下の前歯が、前後逆に噛んでいる『反対噛合』になる場合もあります。
  • Case 03開咬

    奥歯をぐっと、しっかり噛んでも前歯が噛み合わず、上下の歯に隙間ができてしまう噛み合わせのことです。
  • Case 04叢生

    『八重歯(やえば)』と言われるもので、歯が生える場所が足りない、または歯がデコボコに生えている状態のことを指します。歯が正面を向かずにねじれて生えている場合もあります。
  • Case 05上下顎前突

    外見からでも口元が出ているように見える状態です。上顎と下顎の両方が前方に突き出ている状態の事です。
  • Case 06過蓋咬合

    下の歯列が上の歯列に覆ったような状態で見えなくなってしまっていることをいいます。
  • Case 07交差咬合

    前歯と奥歯をくっつけた際に、左右にいずれかの奥歯か前歯が横にずれている状態です。
  • Case 08正中離開

    いわゆる「すきっ歯」のことで、歯と歯の間に隙間ができてしまっている状態をいいます。
  • Case 09交差咬合

    上下の前歯がまっすぐに生え、先端がちょうど合わさっている状態のことを指します。

Flow矯正歯科治療の流れ

  • 01

    初診ご相談

    歯並びのお悩みや、普段から気になる咬み合わせの症状についてお伺いさせていただきます。分かりやすく丁寧にご説明いたします。

  • 02

    精密検査

    まずは患者様のお口の状態を知るために、頭部X線規格写真等のレントゲン撮影、お顔・ロ腔内のお写真撮影、歯型や咬み合わせなどの検査をします。

  • 03

    治療計画立案

    検査結果をもとに、治療方法や矯正装置を選択していきます。症状に合った装置をご提案し、費用についてのご要望などもお伺いいたしますので、些細なことでもご相談ください。

  • 04

    矯正治療開始

    矯正装置を装着します。装置や方法により異なりますが、状態によって数回に分けて装着する場合もあります。

  • 05

    動的治療

    装着後は月に1~2回を目安に定期的にご来院いただき、装置の調整を進めます。(装置によって来院回数は異なります。)器具によりお口の中も不衛生になりやすいため、経過観察も兼ねてクリーニングなどを行います。

  • 06

    治療完了・保定期間

    治療終了後、歯並びの最終的な確認と検査を行います。しばらくは後戻りしやすいため、保定装置を使用することで歯並びを保ちます。良好な口腔状態・歯並びを保つためにも定期的なメインテナンスがおすすめです。

歯並びの改善は見た目のキレイさだけでなく、むし歯予防にも繋がります!
定期的に歯医者さんに通って健康なお口の状態を保ちましょう!

FAQよくあるご質問

矯正治療は痛そうで怖いです
ワイヤー矯正の場合、矯正装置を装着してから一般的には1週間前後、痛みを感じることがあります。みなさん徐々に慣れていきますが、痛みがひどい場合は鎮痛剤などの処方もおこないます。マウスピース型の矯正装置を使用する場合は、装置の装着による違和感はありますが、比較的痛みは少ない傾向にあります。
治療が終わるまでどのくらいの期間がかかりますか?
症例や年齢などで個人差があります。詳しくはカウンセリングにてご説明させていただきます。
子どもが受け口気味です。あごの治療は外科手術が必要ですか?
矯正治療で治すことを目標にしておりますが、状態によっては歯を抜いたり外科手術を行う必要が出てきます。まだ顎の骨が柔軟な小さい頃からの矯正治療をご検討されてください。
虫歯があっても、矯正治療はできますか?
取り外しができる矯正装置であれば、矯正中でも虫歯治療が可能です。矯正前に発見した虫歯は、治療を終えてから矯正治療を開始する方針をとっています。
矯正治療に年齢制限はありますか?
3~4歳頃から永久歯が揃っている方であれば70歳頃までの幅広い年齢で、矯正治療は適用可能です。詳しくはお口の中を診てからの判断とさせていただきます。