大人の矯正歯科for Adults

for Adults大人の矯正歯科

学生の頃に矯正治療をやっておけばよかった、人前に立つ仕事をしているから矯正治療に踏み出せない、そんな大人の方にも、今は目立たない矯正装置の開発・商品化が進んだことで、矯正治療を始める方が増えています。

患者様の症例やライフスタイルに合わせて、お一人お一人に適した歯列矯正プランをご提案いたします。

マウスピース矯正はこちら

ワイヤー矯正

オーソドックスでもっとも一般的な矯正方法でワイヤー矯正はよく行われている矯正方法の一つです。
歯の表側一つ一つにブラケットと呼ばれる装置をつけて、ブラケットをつなぐようにワイヤーを通し、ワイヤーが引っ張る力で歯並びを整えていきます。

もっとも実績があり、オーソドックスで、適用範囲が広いのが特徴です。

ワイヤー矯正はこんな方にオススメです。

  • できるだけリーズナブルに治療したい方
  • 症例にもよりますが、表側矯正は通常もっともリーズナブルに矯正治療を受けることができます。
  • 矯正装置が見えても大丈夫な方
  • 矯正装置が付いていても気にならないという方は、治療実績がもっとも長く、どんなケースであっても確実な治療結果が得られやすい表側矯正がおすすめです。
  • 発音が気になる方
  • 表側矯正は歯の裏側に装置がつかないので、発音に影響が出たり、喋りにくいということがありません。そのため職業上お話をすることの多い方にも合っています。

裏側(リンガル)矯正

裏側(リンガル)矯正とは、歯の表側に器具を付けるのではなく、歯の裏側に器具を付け矯正を行っていく治療法のことです。
矯正器具を歯の裏側に付ければ、人に気付かれることなく矯正治療を行うことができます。器具への抵抗から矯正が出来ない方や、職業柄、目立つ装置がつけられない方というには最適な治療法です。

メリット

  • 普段の生活で装置がみえません
  • 食事でのストレスが少ない
  • いち早く美しい歯並びを実感できる
  • 表側のエナメル質を痛めません

デメリット

  • しゃべりにくい
  • 治療期間が長くなる
  • 噛み合わせを上げることが多い
  • 歯ブラシがやりにくい

ハーフリンガル矯正

ハーフリンガル矯正は見える上は裏側、下の歯は表側矯正になっています。下の歯は唇で隠れ、他人から見えにくいので裏側でなくても目立ちません。
「見えない矯正治療をしたいけど、少しでも費用を抑えたい」という方は、ハーフリンガル矯正良いかもしれません。

メリット

  • 上の歯の表側には矯正装置がありませんので、目立ちません
  • 下の歯には表側に矯正装置がついているので、舌の動きを妨げません
  • 上下ともリンガル矯正装置を取りつけるより安価です

デメリット

  • 上下とも表側矯正をするよりは高価です
  • 治療には技術と経験が必要です

部分矯正

短期間・低価格で行える前歯の部分矯正(プチ矯正)を行っています。
文字通り希望する箇所のみの矯正治療になりますので、費用も安価で短期間で治療を終えることも可能になります。
たた、前歯の重なりがきつい場合、骨格に問題がある場合など、歯並びの状態によって部分矯正の適応にならないことがあります。

こんな方におすすめです

  • 前歯だけをキレイにしたい
  • 気になる歯1~2本のみを治したい
  • 出来るだけ短期間でキレイにしたい
  • 費用を抑えてで矯正したい
  • 結婚式や就活・婚活・同窓会などがあるので歯並びを治したい
  • 一度矯正したのに後戻りしてしまった